サグーワークスは稼げない?厳しい?プラチナライターになって感じるデメリット

サグーワークスは稼げない?プラチナライターになって感じるデメリット在宅ワーク
この記事は約6分で読めます。

在宅ライターに興味を持った人なら「サグーワークス」というサイトを見たことがある人も多いでしょう。

数カ月前にサグーワークスのプラチナライターテストに合格した私ですが、実は最近はあまり使っていません。クラウドワークスやランサーズをメインに使っており、時間があるときにだけサグーワークスの案件もやる程度です。

それは、個人的には「使いづらいな」と思うところがあるからです。これからサグーワークスを使ってみたい、プラチナライターを目指したいと思っている人のために、サグーワークスのデメリットをまとめてみました。

サグーワークスとは?

数あるクラウドシーシングサイトの中でも有名なサグーワークス。まずはクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトとの違いに触れながら、その特徴を紹介します。

記事作成専門のクラウドソーシングサイト

サグーワークスとは 、株式会社ウィルゲートが運営するライティング専門のクラウドソーシングサイトです。 登録無料で誰でも利用することができます。

   

クラウドワークスやランサーズは、

  1. 案件を探す
  2. 応募する
  3. 採用される
  4. クライアントと連絡を取りながら作業する
  5. 報酬を受け取る

という流れでライティングを行いますが、サグーワークスはやりたい案件があればすぐに早い者勝ちですぐに作業開始できます。応募→採用という流れがないので初心者でも実績ゼロでもだれでも案件を受注できるのが特徴。

また、クライアントとあれこれ連絡を取る必要がないのでライティングだけに集中できます。

3つのライターランクがある

サグーワークスにはライターの実績、能力によって以下の3つのランクに分けられます。

◆レギュラー:サグーワークスに登録したら、まずこのグレードからスタート!

◆ ゴールド: 一定の条件を満たすことにより、レギュラーからゴールドにランクアップ。 ゴールド以上の会員のみが参加できる案件や、ポイントアップなどの特典がある。

◆ プラチナ: サグーワークス指定のテストに合格した方のグレード。高単価な案件に投稿できるようになる。

サグーワークス グレードについて

ランクが上がるごとに高額案件に投稿できるようになります。高収入を得るならプラチナライターがおすすめということで、私は何度もテストを受けてなんとかプラチナライターになりました。

報酬はポイント制

サグーワークスの報酬はポイント制で、このようにタスクごとにポイント数が決まっています。

記事を提出してそれが承認されると、規定のポイントが付与されます。溜まったポイントは1ポイント=1円で換金できます。つまり、ポイント数=記事単価と考えてOKです。

サグーワークスを使って感じたデメリット

ここまでサグーワークスの特徴をざっと説明しました。一見良いところばかりに感じますが、実際に使ってみると個人的には「ここは嫌やだな・・・」と思うことがいくつかありましたので紹介します。

(あくまで個人的な感想なので、サグーワークス自体を批判しているわけではありません。)

タスク案件が少ない

クライアントとのやりとりなしですぐに案件に取り掛かれるのは良いですが、そもそもタスク案件の数はあまり多くありません。しかも早い者勝ち&執筆には時間制限があるのでまとまった時間があるときにしかできません。

「あ、この案件書きやすいそう」と思っても次に見た時には他の人が取り掛かっていることもあります。タイミングを逃すとなかなか案件を受注できません。

特に副業や子育ての合間などにやろうと思っている人は難しいかもしれませんね。

レギュラーは単価が安い

これを見て分かるように、レギュラーの案件は文字単価0.5円以下のものが多いです。

初心者なら他のクラウドソーシングサイトで受注してもこれくらいかもしれませんが、ライターとして活動するなら文字単価1円以上は欲しいところ。クライアントとのやりとりなしでライティング作業に集中してできるとはいえ、この単価は割の良い仕事とは言えませんよね。

プラチナランクになると文字単価1円程度のものがほとんどなので、サグーワークスで稼ぎたいならプラチナライターを目指すのが良いと思います。

サイト内のランキングを見ると中にはレギュラーで月10万円以上稼いでいる人もいるようですが、どんなペースでやっているのか私には謎です・・・すごすぎ。

入力フォームが小さくて見づらい

サグーワークスはサイト上の入力フォームに文章を書いて提出します。

見出しはここに、1段落目の本文はここに、といったように書く場所が指定されているのですが、これが小さくて見にくい!

なので私はいつもWordで文章を書いてから指定の場所にコピペしています。が、それも結構面倒に感じています。

入力フォームが見づらいので、誤字脱字のチェックもしにくい・・・

個人的にはこれが一番気になるデメリットですね。

記事チェックが厳しい!ひどい!

サグーワークスは記事を投稿しても、指定されたルールを守っていなかったり誤字脱字があったり稚拙な文章だった場合は、修正または非承認になることがあります。非承認になればどんなに時間をかけて書いた記事も報酬はゼロ。

依頼された通りに文章を書かないといけないのは他のクラウドソーシングサイトも同じですが、サグーワークスはクライアントと直接連絡を取らない分、その基準が不明瞭で分かりにくいんですよね。

明らかなルール違反や誤字脱字はこちらの責任ですが、ときには「え?なんで?これでだめなの?」という場合があります。

特にコピペには厳しくて、丸写ししたつもりはなくても本当に一部だけ同じ表現になってしまっただけで修正になったことも。

正しい文章を書く、ライティングスキルのトレーニングとしては良いと思いますが、他のクラウドソーシングサイトよりもかなり神経を使うので結構疲れてしまいます。

サグーワークスは稼げないこともある

サグーワークスは「月に20万円以上稼ぐことも可能!」と言われることもありますが、それはごく一部の人だと思います。まずプラチナライターにならないと月20万円は現実的ではありませんし、プラチナライターになっても簡単ではありません。

私のように「使いにくいな」と思う人もいるし、タイミングによってなかなか案件をゲットできないこともあるからです。高いライティングスキル、融通の利くスケジュール、忍耐力すべてを持った人でなければサグーワークスだけで高収入を目指すのは難しいのかなと思います。

他のクラウドソーシングサイトと比較してみよう

サグーワークスには良いところも悪いところもあります。数あるクラウドソーシングサイトの中でどれが自分に合っているかはやってみないと分からないので、 一概 に「これが一番おすすめ!」とは言えません。

在宅ライターとして安定した収入を目指すなら、まずはいくつかのクラウドソーシングサイトに登録して使ってみるのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました